ベトナム雑記帳 テト(旧正月)のサイゴン(ホーチミン市) home
line
直接このページに訪問いただいた方、トップページのカウンターへ足跡残すことご協力ください。ベトナム雑記帳トップページをクリックしてください。あなたの訪問をカウントさせてください。よろしくお願いいたします。

2002年にテトをサイゴンで過ごした記憶があるが、余り印象にはなかった。New World Hotelでの獅子舞だけが印象に残っていたが・・・・
今回(2008年)、ドンコイ通りやレロイ通りが電飾で飾られ、グエンフエ通りが花で飾られているのを見て、ベトナムの気合を感じた次第。生半可なものではない。これぞ共産国に共通する統制ある盛り上げであろう。私が住んでいた頃には決して経験できなかったものである。それだけベトナムの経済が上向いており、経済的に余裕が出てきたからであろう。

普段働き者のベトナム人も、1年の中で、この時だけは休むのが常識でしたが、今は結構開いている店も散見されました。勿論国営の店は休んでますが。それでも博物館など観光地はオープンしています。また休んでいても大晦日から2日までで、3日目にはオープンという店も結構ありました。

5人は大晦日(2/6)に帰国でしたので、花火やホテルでの獅子舞などは見られなかったのはちょっと残念でした。お稽古事などに忙しい方たちで、今回の旅行も29日と7日夜の予定がある方がおられたため、1/30〜2/6(成田到着は7日早朝)しか日程が組めない状態でした。しかし、いい日程が組めたと思っています。

ところでテトとは、現在使われている太陽暦の前に使われていた「昔使われていた暦:太陰太陽暦」での新年をベトナムではテトと称します。日本流に言えば旧正月のことです。中国では春節といわれています。韓国はなんて言うのかな。月の満ち欠けが暦のベースとなっており、太陽暦とは異なるものです。従い、現在の新暦に対しては、テトは以下の通り毎年異なった日となります。


2015年のテト:新暦の2月19日が新年。

2016年のテト:新暦の2月08日が新年。
2017年のテト:新暦の1月28日が新年。
2018年のテト:新暦の2月16日が新年。
2019年のテト:新暦の2月05日が新年。
2020年のテト:新暦の1月25日が新年。
      

大晦日(2/6) → 新年(2/7)
サンセット バイクの群れ
大晦日(2月6日)、ホテルから見たサンセット 新年を知らせる花火がサイゴン川で打ち上げられますが、それを見ようとするバイクの群れがホテルの下にぎっしりと進みもしない状態です。
それを上から見た欧米人が口々に、Oh My God!と叫んでました。
花火 花火 花火
花火 花火 花火
花火 花火 花火
新年の花火は24時から15分打ち上げられます。特にどうという花火でもないのですが、めったに花火など見られないベトナム人には是非見たいものなのでしょう。何処に行くのもバイクが足ですから、どこも動きが取れない状態になるのでしょう。それでも垣間見る花火に下から大歓声が聞こえてきます。こちらはホテルの10階、エクゼクティブフロアーのラウンジから見てましたから。ホテルの従業員も皆さん集まってました。
丁度花火が上っているときに1機飛行機が横切りましたので、ひょっとして5人が乗っている飛行機ではないかと妻に話していましたが、後で聞いたら、やはり窓越しに下で花火が見えたと言っていました。
テトの街の様子
花火が終わった 同じ場所
花火が終わったらバイクが動き出しました
そして翌日はテトで、このように同じ場所にも殆どバイクの姿もない。元旦は皆さん家族と家で過ごすのがベトナム風正月だそうです。
マリアマン・ヒンドゥ寺院 路上喫茶
マリアマン・ヒンドゥ寺院への初詣。現在はヒンドゥー教徒は殆どいないそうですが、寺は多くの参拝客であふれます。 寺の近くの路上喫茶。正月はかきいれなのでしょう。1日から商売に励んでます。
街 道路清掃
街はひっそりとしています。国旗の赤が目立ちます。特に女性はおめかしをするようです。 正月でも道路清掃は欠かせません。しかし普段はバイクが走り掃除も大変だろうが、今日はスイスイと出来ますね。
菊の花 Zen
バックパッカーのメッカの小道も静かなものでした。家先には鉢植えの菊の花が。昔はどの家先にも迎春の花が飾られたそうですが。 精進料理で有名なZenも、今日は精進料理を食べる日ではないのでひっそり。しかし店は開店していました。
電線 大通り
普段気にもしなかったが、交通がないせいか、やたら這い回っている電線に驚く。 大通りもひっそりしたものでした。
映画館 ミッキーのコピー
映画館て正月映画をやるのかな? 怪しげながら、ミッキーのコピーでしょうか?
漁? フェリー
正月に関係なく何を採っているのかな? 2区との間を往復するフェリー
New World Hotelでの正月
お年玉 祭壇
ベッドメーキング時にお年玉が置いてありました。中身は500ドン(約3.3円)でした。ラッキーマネーとして、小額ですが広くお年玉を渡す習慣があります。私も現役の時はこの時期かなりの数を準備しました。アパートの従業員などにも配ります。 祭壇。正月のお供え。スイカがないですが、普通スイカはお目出度い果物としてテトには欠かせないのですが。
新年 金柑
Chuc Mung Nam Moi:新年おめでとうございます 金柑の木と黄色い菊で飾られた入り口
パフォーマンス 子供
1日はNew World Hotel恒例の催しで獅子舞などのど派手なパフォーマンスが行われる。これは先導者?  これは観客の一人。子供はこのようなチャイニーズスタイルで着飾るようです。
太鼓の連打 獅子舞
幕開けは太鼓の連打 獅子舞たちが先ず祭壇にひれ伏してお祈り
お囃子 獅子の曲芸
お囃子方 獅子の曲芸です。高さは2m程度
狙いを定めて 2人の息
狙いを定めて 2人の息がぴったり
お年玉 お年玉
これは子供がお年玉を獅子に渡しています これも同じです。みなこのように子供を介してお年玉を渡すようですね。
曲芸 獅子の曲芸
こんな曲芸もありました。 これも獅子の曲芸です。
玉乗り 玉乗り
玉乗りです。 同じく玉乗り。
パフォーマンス 龍の踊り
槍を用いてのパフォーマンス 龍の踊りです
龍の踊り 龍の踊り
子供達 子供達
観客の子供達。正月を着飾らせるのは親や、おばあちゃんにとっても嬉しいのでしょうね。
プール プール
テトの3日間毎日泳いでました。お陰で真冬にすっかり日焼けをしました。
*無料 アクセス解析
*太陽光発電