ベトナム雑記帳 サイゴン・ビエンホア・メコン雑観 home
line

2008年、今年もサイゴン(ホーチミン)とシェムリアップの旅行案内をしてきた。2年前に中学時代の同級生を案内したのと全く同じコースであり、何となく写真も傑作はないのですが、今年はテト(旧正月)の時期であったのでそれに関する写真は結構ある。前回とダブルのも何枚もあるかもしれないですが・・・・・
また、日本のODAで新しくなったタンソンニャット空港の写真も多く載せてあります。

テトの時の訪越は2002年以来であるが、その頃とはベトナムの国力も上ったのか、気合の入れ方が半端じゃなかった。
今までは、テトの期間は旅行は避けた方が無難と紹介してきましたが、必ずしもそれは当てはまらないことを経験しました。女性陣には大いに受けました。勿論休んでいる店やレストランも多くありますが、それ以上に街のテトの装飾が見ごたえありました。

今回案内したのは元会社での知り合いの女性を中心に、その友達、そしてワイフの計6人、女性ばかりの参加でした。ベトナムとアンコールワットに行ってみたいとの言葉に、ハイハイと二つ返事で案内を引き受けてしまった次第。
男性1人に女性6人じゃ勝ち目ないです。もともと行きたいと言っていた男性陣にも声を掛けましたが、皆さん健康上の原因、その他で駄目になりました。女性は強い。しかし、その賑やかなこと、驚きました。何故あんなに買い物ばかりするのでしょうか?特に、「トンボ」とNew World Hotel内にあった「イパニマ」には何回通ったでしょうか?そしてしこたま仕入れてきたようです。帰国して配り歩いたようですが、そりゃ貰った方は喜ぶでしょう。少なくとも見掛け上だけは・・・・
まあ、旅行自体も喜んでもらったようなので、私の責任は果たせました。

まあ、同じところに行っても、それぞれの時に違った楽しみがあります。そんなベトナムが私は好きです。

ベトナムに到着
ベトナム到着 サイゴンの街へ
ベトナム到着。今回もベトナム航空を利用。JALも昨年あたりから安いのが出回っているが、シェムリアップまで行くのならVNが安くなってしまう。 空港からサイゴンの街へ。すでにウズウズする瞬間。バイクのヘルメットが新鮮に映る(昨年12月15日から着用が義務化)
New World Hotelです Song Ngu
ホテルは定宿のNew World Hotelです。
今回もExecutive Floorにしたが、2年前からするとびっくりするほどの値上げ。ベトナム全体に高級ホテルの値上げが凄いのには驚く。しかし、皆さん大満足の様子で何よりでした。
初日の食事は、例によってSong Nguに案内。
しかし、スープの味が微妙に変わっていたのが残念です。
工場にて
記念撮影 冷蔵庫工場の玄関で
例の通り記念撮影。やはり三洋OBは海外の工場の訪問を喜んでくれました。何しろ造り切れないほど忙しい工場を見て。 冷蔵庫工場の玄関で記念撮影。少しピンボケですが。
ただ、このカメラが後に盗まれてしまうのですが。
食事 食事
食堂ではなかったのですが、従業員と同じ食事をいただきました。意外に皆さんの感想は美味しいとのことでしたが・・・ これがその食事です。自分の居た頃は5,000ドンでしたが、今は9,000ドン(約60円)だそうです。物価がそれだけ上っているということ。会社負担で従業員が食べています。
聖母マリア教会・郵便局・統一会堂など、市内にて
聖母マリヤ教会 ライトアップ
新年の化粧をした聖母マリヤ教会 ライトアップされた教会
教会の内部
教会の内部
ステンドグラス ステンドグラス
教会内には多くのステンドグラスが見られます ステンドグラスは全てフランスから輸送されたようです。
郵便局 内部
郵便局も新年の飾りがされていた 内部にも正月の花飾りが
統一会堂 宴会室
統一会堂(旧大統領官邸)にも正月の装いが 宴会室
会議室 絨毯と花
会議室にも新年の装いが ロビーの絨毯と花
歴史博物館 マジェスティックホテル
歴史博物館 マジェスティックホテルにて
細工物 市民劇場
コーラーなどのアルミ缶を使用した細工物 市民劇場のライトアップ
人民委員会庁舎
人民委員会庁舎のライトアップ
ベンタイン市場の前 サンワタワー前
ベンタイン市場の前での夜景。何のことはないですが、SANYOの看板についパチリ サンワタワー前の正月飾り。三洋の販売部門が入っているビルなのでついパチリ
市場で ヘルメット着用
市場での買い物。値段交渉など結構楽しんだようです。 バイクは総てヘルメット着用が守られているのには聞いていたとはいえ驚いたが、このようなお洒落なヘルメットがブームになっているそうです。ベトナム人は結構お洒落なのです。
スルメ売り 自動販売機
ベトナムにはつきものの、スルメ売りです。ベトナムのスルメはいいのは凄く美味いです。銀座の高級バーなどにも卸されているようですから。これら屋台で売られるのは違いますが。 驚きました。自動販売機がありました。日本以外には自動販売機が街中には殆どないのが今までの認識でしたが。どうして管理しているのか?それも1台や2台の数ではなかったですが。普通に考えれば壊されますね。
メコン川(ミートー)にて
メコン川 橋を架けているのか?
もう何回ここに来たことやら。見慣れた風景だが、メコン川は実に大きい。 橋を架けているのか?最初は日本のODAで架けている崩落したカントー橋かと思ったが、かなり遠くではあったが、距離的にちょっと無理がある。
魚の養殖 蜂蜜
メコンは稲作と共に魚の養殖が盛ん。両者とも輸出の重要なものでもある。 蜂蜜を入れたお茶。サービスだが、しっかりと売りつけに来る。
フルーツ ベトコン?
メコン地方で採れるフルーツのサービス。この時期はフルーツは一番期待できない時期ですが ジャングルから現れたベトコン?
ノン 風船餅
ノン(菅笠)を被ってメコンのクリークを散策 風船餅を作ってます
タンソンニャット空港

ホーチミンのタンソンニャツト空港が2007年後半に新しくなった。日本のODAで建設されたものであるが、やっと国際空港らしくなった。広々とまでは言えないが、今までの空港を知るものにはこれは凄い空港になったなというのが正直な感想。ただし、土産物などはびっくりするほど高くなっていた。今までのように空港で買えばいいやという考えは止めた方がいいでしょう。なお、従来の国際ターミナルは国内ターミナルとして使用されている。

出発ロビー 2階ロビー 2階ロビー
出発ロビーは2階である。直接2階へ通じる道路。 2階ロビーに車が着けられる。 2階ロビー
ロビー袖から ブリッジ チェックインカウンター
2階ロビー袖から見た建物 搭乗用のブリッジも多数あった。当たり前かも知れませんが、以前は数本のみ。それも当初は一本もなかった。 チェックインカウンター
イミグレーションゲート スナック 搭乗ゲートのロビー
イミグレーションゲートも多いので出入国とも以前より短時間で済みそうです。 3階にはスナックや日本料理店もある。 結構長い搭乗ゲートのロビー。免税店や土産物店も以前より多いが、値段は驚くほど高い。
搭乗ゲート
搭乗ゲートも20番まであり、以前とは大違いである。
*無料 アクセス解析
*太陽光発電