ベトナム雑記帳 テト(ベトナムの正月)の風景 home
line
直接このページに訪問いただいた方、トップページのカウンターへ足跡残すことご協力ください。ベトナム雑記帳トップページをクリックしてください。あなたの訪問をカウントさせてください。よろしくお願いいたします。

ベトナムは旧正月を盛大に祝う習慣があります。普段はほとんど休まない商店もこの時は休むので、あの活気のある喧騒な街もウソのように静まりかえります。テトは旧暦の正月ですが、旧暦は月の満ち欠けが基本になった暦です。従い太陽暦に対して一定ではありません。
以下の写真は2002年のテトに訪問した時の様子です。

正月前になると街のあちこちで植木市がひらかれる。南は黄色の花をつけた梅が、北ではピンクの花の桃が家の玄関を飾ります。金柑の木や菊の花、バラなども多い。
昔のサイゴンの時代はもっと華やかだったと聞きましたが。

正月を盛り上げる催しはドラゴンダンスです。
一匹のドラゴンを操る10人ほどの息の合った竿さばきは見ていて引き寄せられる。

ドラゴンと対をなして盛り上げるのが獅子舞です。日本の獅子舞とは違った愛嬌さが見物です。
特に二人一組で舞う曲芸はアクロバットと言える。

2008年のテトにもベトナムにいました。その時の様子もご覧ください。
トップページからご覧ください

 
植木市
見事な木 ドラゴン

これぐらいに見事な木になると個人ではなくホテルなど商売人が買い求めて行きます。勿論運搬はシクロ(三輪自転車)の出番です。

見事な龍の細工物ですが金柑の木で作られています。
この前に立って記念撮影をしていく人が多かったです。

植木市 スイカ
植木市
スイカ売り
これも金柑の木です。黄色い実が鈴なりです。 これは植木市とは関係ないですがスイカの販売です。スイカはお供えとして使用します。従い街のあちこちでこのようにスイカを売るテントが並びます。赤が目出度い色なのです。
ドラゴンダンス
2匹のドラゴン ドラゴンの舞
2匹のドラゴンがステージでお披露目。このステージは有名歌手も歌っていました。 ドラゴンの舞です。息が合わないともつれてしまう。特にクロスするのが見せ場です。
ドラゴンダンス お供え
小休止 お供え
激しいダンスの合間の小休止。 これはお供えです。右端にあるのは豚の丸焼きでお供えの定番です。
獅子舞
獅子のお見合い 勢揃い
2匹の獅子が踊っています。
お祭り広場を盛り上げていました。
New World Hotelのロビーに勢ぞろいした獅子。前に立ってる人はお面をつけています。後部の柱の前にも仮装した人がいます。
獅子舞    
出番待ち お祭り広場の闇の中で出番を待つ獅子達。
子供から年寄りまで年令層は広い。
獅子舞
竿先の曲芸 竿先で曲芸する獅子。日本の出初式を思い出します。太いのはホテルの装飾用の木です。
カメラアングルが悪いですね。
                               今年以降のテトと西暦との比較を以下に記します
                                     
                                              2015年            :2月19日
                                        2016年            
:2月08日
                                        2017年            :1月28日
                                       2018年            :2月16日
                                        2019年            :2月05日
                                        2020年            :1月25日
訪問の足跡を是非HOMEに残していただくと有難いです。
                                
*無料 アクセス解析
*太陽光発電