ベトナム雑記帳 「なごみ」のマネージャーのサイゴン便り home
line
2015,12,22

(久しく便りがありませんでしたが、残念な連絡です。今後の活躍を祈ります。)

残念なお知らせです。

今月一杯で閉店することにしました。
何とかなるだろうとThi Sachに移ったのですがだめでした。
こう競争が激しくなったら、私の持ち合わせているものでは、どうにもできないようです。
店を始めた時、お客さんから「すぐ潰れるよ」と言われたことがありました。それから見るとまぁまぁだったなと思っている次第です。
どうも長い間ありがとうございました。
お体に気を付けて達者にお暮しください。

12月20日
佐藤


2014,12,12

本当にお久しぶりです。長い間何の音沙汰もなく済みませんでした。

ホーチミンの地下鉄工事もだいぶ進んで、国道1号線沿いの道にも、高架用の柱が立ち並んできました。

市内中心地の主だった通りも工事でバイク以外は通れないところが増えています。 グエンフエもその一つで、ここは地下鉄が開通するころには、歩行者天国になるそうです。 今年のフラワーマーケットは、他の場所でやると聞いています。 クリスマスから、テトに向けての道路の電飾もかなり進んできており、夜帰宅するころにはテストなんでしょうか点灯しています。

朝晩は大分涼しくなりました。今朝6時前に1号線をバイクで、スピードも落として走ったのですが、結構寒い思いをしました。ゴルフ場の木の多いところまで来ると、ウッツ寒いッ。 7割以上の人が何らかの防寒対策をして走っています。

この国独特の法律で、先週捕まりました。捕まった理由が良く判らなかったのですが、おまわりさんの身振り手振りで、方向指示器を出さなかったのが理由の様でした。道が交差しているのではなく、ただ単に少しきつめに曲がっているだけなんですが・・・罰金60万ドンだと言うので、そりゃ高いと片言のベトナム語で言いながら50万ドン札を引っ張り出したら、それで良いとの事。なんだか儲かったような気になって、後で従業員に話したら、そりゃ高い、せいぜい20万ドンだと笑われました。 今日も同じところを通ったので、気を付けて他のバイクを見ていると、カーブに差し掛かるとちゃんと指示器を点灯させて、曲がり終わると消していました。なるほど、法律で決まっているんだ、罰金経験者も多いんだ、と納得した次第です。

2014年12月12日 佐藤



2013,08,13お久しぶりです。

日本は記録破りの猛暑が続いているとの事、暑中見舞い申し上げます。 こちらは雨期の真っ最中ですが、例年になく雨が続き、朝夕は涼しいを少し通り越すような気温です。

ハノイの方も酷いらしく、先日もオートバイに乗ったままの女性を、リヤカーのようなものに載せて、2人の男が腰までつかって運んでいる写真が新聞に出ていました。あれ5万ドンかな、いや10万ドンは取られるだろう等と、他人事とばかり笑ったことです。

シャワーの最後に浴びる水も、乾季なら生ぬるくて気持ちが悪い位ですが、昨今は「冷たいっ」と思うほどです。

それではまた。

2013年8月13日 佐藤



2013,02,28

もう2か月経ちましたね。

今回の日本はいつもより一段と寒いように思え、ホーチミンへの帰りには、毛糸のベストとズボン下を着込みました。それなりの効果はあったようです。ベストは子供達が誕生日のプレゼントでくれたもので、今度帰るとき忘れないようにと家内にしつこく言われました。忘れないようにしなくっちゃ。

今年の旧正月は、メニューの変更をやった上に、昼、夜営業したので大変でした。年末の慌ただしさそのもので、旧正月が本当の正月の様でした。太陽暦の正月はベトナムでは味も素っ気もありませんものね。
旧正の後3日休みました。そうでもしないと従業員が集まりません。創業以来初めての休日でした。
従業員たちが、ファンティエットへ日帰りで行くというので、付いていきました。片道3-4時間で、結構強行軍でした。驚いたのはベトナム人の宗教心の強さです。計3か所お寺参りしました。
老若男女皆さん、きちんと膝をついて、長い線香を3本もって、頭の上に掲げながら、何度も何度も床に頭をつけていました。願い事を唱えながらやるのだそうです。4-5歳の子供もそうやっていました。

流石ファンティエット、海鮮は、雑魚に属するものが多かったですが美味しかったです。食事をしたところは、いわゆる海の家でして、広い板張りの床に、ハンモックがつってある所と、何もない平らなところがあり、布団も積んであったので、宿泊設備も兼ねているのでしょう。
天井はトタンがむき出しで、暑いだろうと思いましたが、強い海風が吹き抜けて過ごしやすかったです。
それで皆さん泳ぎに行きましたが1時間ほどで帰ってきました。結構寒かったんでしょうね。

帰り道は別ルートで、バリヤ・ブンタオ経由で帰ってきました。ブンタオに行く途中、ブンタオに向かって右側に、大きな牧場兼土産物屋があったのを覚えておられると思いますが、道の反対側にも大きな敷地を確保し、休憩所兼土産物屋になっていました。トイレが駐車場のあちらこちらにあり、どこへ行っても臭いのには閉口しました。
買って飲んだヨーグルトは結構おいしかったです。HCMで売っている所を探します。

旧正月が去るとともに、暑さが戻ってきました。交差点の手前に木陰があると、たとえ10メートル手前でもバイクが固まっています。時々後ろから車が来てクラクションを鳴らしますが、バカヤロー、てめえ達と違って、こっちはエアコンがないんだとばかり、知らん顔をしています。もちろん私もその一人ですが。

それではまた。

2月28日   佐藤



2012,12,26

日本は、政治は熱かった様ですが、気候はずいぶん寒そうですね。
いつものことですが、1月に帰るのはこたえます。生来づぼら故、帰るときはランニングシャツを下に着こむくらいで、長袖のワイシャツ、ダブルの背広それも夏物と言ういでたちです。
10分位なら我慢できますので、帰国するときはまだ良いのですが、ベトナムへ帰るときは阪急蛍が池駅でバスを待つ間吹きっさらしで多少長く待つので、前夜から水分を控えて、バスが出る5分くらい前に駅のトイレを借りて、それでも不安なので、伊丹空港で運転手さんに済みませんと言って、もう一度行きます。それでも関空につくと、トイレへ一目散です。

ホーチミンも涼しい季節になりました。朝起きるとエアコンをかけている室内と、室外が同じくらいです。外の方が寒い時もあります。旧正頃まででしょうね、気持ちがいいのは。

さて、もうかなり前からやっていた店の前の通りもだいぶ整備されてきました。
竹岡さんも気付いておられたと思います。此処の電気工事いささかお粗末なことは、ある意味で常識なんですが、店の前の高圧線、ずいぶん低いところにあって、最初来たときはびっくりしました。朝起きてみたら、電線を盗みに来た連中が電線にぶら下がっていたという話も聞きました。
それをやっと高圧線らしい高さにまで上げる工事をしました。半日くらい停電しましたが、なにか安心できます。

昨日一昨日はクリスマス。例年だと物凄いバイクの群れで、家へ帰るのに一苦労するのですが、今年は大したことなく帰ることができました。事情通によりますと、建築業界のバブルがはじけて、世の中不景気になっているそうで、そのせいかと思っていましたところ、イブが休みの前で、翌日出勤しなければならないので、みんな遅くまでウロウロするのを控えたのだろうという説もありました。ベトナム人そんなに殊勝になったのかなぁ。

それにしても求人難が続いています。求職に来ても給料を聞くとそれっきりだそうです。不景気なのと、関係ないのかなぁ。相場はかなり上がっているようです。安くても良いという頃になると、肝心のお客さんも居なくなってしまうという構造なんでしょうか。

愚痴ばかりで済みませんでした。

12月26日  なごみ 佐藤



2012,11,28

お久しぶりです。今頃と言う感がありますがホームページを開設しました。
HTTP://NAGOMI.VN/  です。

さて、通行区分の話の続きです。先日捕まった従業員がまた同じところで捕まったそうで、私は少々人が邪魔になってもホテルの前を通るようにしていましたところ、昨夜のこと私と同じタイミングで、外側の道を走っていた人が捕まりました。曲がり角から10M位のところです。
どうもいい小遣い稼ぎになると目をつけられているようです。

ご存じのように、7区の開発が進んでいます。目を見張るような変貌ぶりですが、夜になると人通りが少なくなって、相変わらず危ないようです。  

先日高級バイクのSHに乗った女性がバイク目的の強盗に襲われ、腕を切り落とされ、バイクを奪われたそうです。何台かバイクが通りかかったそうですが、みな素知らぬ顔で通り過ぎたそうで、さらに別の強盗が彼女のショルダーバックを奪って行ったそうです。
一人やっと止まってくれて、助けてくれたそうですが、車を止めようとしても誰も止めてくれず、結局彼が自分のバイクの後ろにのせ、腕を持って近くの病院ーー多分フランス系のFV−−へ行ったそうです。

腕を切られたとき、一度目に切り付けられたとき、強盗!と叫んでいると、2度目に切り落とされたそうです。無事につながるといいのですが。

夫婦でうちで働いている従業員も、一人のときは旦那のおんぼろホンダを使い、昼間の街中では自分のベスパを使うようにしているそうです。

7区もともと人通りが少ないときは危ないところと聞いていましたが、最近日本人やベトナム人も裕福な人たちが住みだしているようですが、治安はなかなか良くならないようです。勝手ながら通行区分を取り締まる暇があるなら、もっとパトロールを増やせと思うんですが。

それではまた。

11月28日   佐藤


2012,10,07

半月ほど前、日本にいました。日中はそこそこ暑かったですが、朝夕は結構涼しい感じでした。
ベトナムに帰っても、それほど暑いという感じはしませんでした。
毎日のように結構雨が降っています。それもスコールより、一日中降り続く雨が多いようです。台風の影響といわれていますが、次から次へよく発生するものです。

その小雨の降る深夜の出来事だったのですが、竹岡さん、リバーサイドルネッサンスの入り口を覚えていますか。私もあそこの前を通るとわずかながら近道になるし、カーブもゆるく取れるので、ホテルの前に車が止まっていない時は、多少良心の呵責を覚えながら、愛用しておりました。

ところが、店の従業員が、そこを通らずふつう使っている所…チャンフンダオ大王の銅像の周りの道…を通ったところ、通行区分違反で10万ドン取られたと言っていました。あそこをバイクは走らないと駄目なことを知らなかったそうです。私はまた、ホテルの前を通ったから捕まったのかと思っていましたら、そうではなかったようです。バイクはハイバーチュンを出るとすぐ、右折する道を通らなければダメなようです。あの道左右に気を使わなければだめだし、ちょくちょく逆行してくる奴もいますからねぇ。

ベトナムの通行区分規制には、妙なところがあります。簡単に言うと区分を厳密に守りなさいと言うことなのですが・・・
区分は中央よりは乗用車、次がトラック、そしてバイクとなっています。

バスはどこを走っても良いようです。ベトナムでは、ご存じのようにバスの運転が一番マナーが悪く、危険なのですが、その連中が天下御免なのです。

それで、乗用車が前の遅い乗用車を追い越そうとして、右側車線を走ったらダメ(ベトナムは車は右です)。ゆっくり走るからと言って右側車線を走ってもダメ。交差点で左折する車をよけようとして、右側車線に入ってもダメ。信じられない規則です。

捕まえると、車でもバイクでも、警察で1週間とか2週間とか、一定期間保管するというのです。それだけでもとんでもないのに、預けたが最後、元の状態で返却されることは先ずないそうです。何か専門の業者がいて、警察とつるんで部品を粗悪品…多分中国製…と交換するそうです。それで、おまわりさんにそこそこのお金を渡して、解放してもらうわけです。私も何度か通行区分違反で捕まりました。おまわりさん一人頭いくらという支払方法でした。

すみません、またボヤキになってしまいました。中国よりはましかな。

2012年10月06日 なごみ 佐藤


2012,08,22

今日久しぶりに激しい雨がほぼHCM全域に降ったようです。ここ2-3年見なかった激しい雨で、あちこちで水があふれました。
2号店でも水があふれて、バイクの番人を除く従業員総員、雨水のくみ出しに当たったとの報告を受けました。

さて、ここ数年HCMの若い娘の間で、刺繍が大流行の様です。下絵と刺繍の材料をセットにして売っている様で、店の従業員も暇さえあれば、せっせと針を動かしています。長い間ゴルフのキャディをやってくれた娘が、年を取って(30位)体がもたないと言って、レストラン勤務(メインのレストラン、コースの茶屋)に代っているのですが、この娘も2年位前からやっていて、時々見せていてくれていました。

先日久しぶりにやっているのを見たので、何枚目だと聞くと、まだ1枚目をやっていると言う返事。嘘だろうと聞くと、ほらこの通りと初めに見せてくれていた場所を見せてくれました。なるほど数メートルに及ぶ大作で、あと何年かかるのか…。

刺繍絵は驚くほど綺麗なものが沢山有ります。特に北部の皆さんが得意な様で、私も久保園さんの所から何枚か買っています。
私は芸術に何の関心もなく、ただこんな辛気臭いものを良く作ったものだと感心するだけですが、沢山のベトナム人がこんな我慢強さを持っているのだと思い知らされます。
持久力は無いと思います。しかし少し休むと又作業を続けます。ベトナム戦争に勝ったのも、このしつこさと我慢強さのおかげでしょうね。

それでは又。

   

2012年8月22日 なごみ 佐藤


2012,08,03

今日は少し卑近な話です。

2号店へ行く時に通る道に5差路が有ります。信号が青になって渡りだしても、横の道からバイクが飛び出してくる。この野郎!(女朗もいる)と思って睨みつけると、向こうもそんな顔をしている。いつもそうなんです。でも最近になってひょっとして、敵方も青になっているのではないかと思って、注意して見ると、止まって信号待ちをしていた隣の道のバイクも、同時に動き出します!!!。信号が青になっても、何が起こるか判らない事は、長年の経験で判っていましたが、信号までが何をするのか判らない国だとは、初めて気が着きました。ひどい国です。

さて店へ行っても滅多にトイレはチェックしなかったのですが、数日前にチェックすると、何んと便座が無いのです。どうして放っておくのかと怒ると、「ベトナム人で便座に座って用を足す人はいないから、問題ないんだ」、と言う返事。私が会社に入った1968年、寮は洋式トイレで、便座の上に下駄の跡があったのを思い出しました。でもあれから44年、いくらベトナムが遅れていると言っても酷いじゃありませんか。4大卒の”娘”が言っているのですよ。

それにタオルが無い。どうしたんだと聞くと、「お客さんは手を拭かずに、靴を拭いてごみ箱に捨ててしまうんだ」と。トイレに置いてあるタオルは汚いと言う意識が有るのですね。誰がどんな使い方をしたのか判らない、自分達もこんな使い方をしているんだ。店側もどんな洗い方をしているのか判らないじゃないか・・・。ウゥン…参りました。

で便座は取りつけました。タオルは置かない事にしました。交差点では睨みつけない事にしました。

それでは又。
2012年8月3日


2012,07,26

随分長く連絡をさぼっていました。済みません。

中国との領土問題で、直接影響が出てきました。
2号店のセキュリティが、今月一杯で止めます。話を聞くと2年間徴兵されるとの事。
今迄はお金をいくらか積むと免れていたものが、出来なくなり、大学の学生は免除されるが、それ以外はダメとの事です。

竹岡さんもご存じのようにベトナムには大学生に2種類あって、いわゆる4年生の大学に籍を置いている学生と、わんさといる大学のコース別の講義を聴きに行っているだけの大学生がおり、後者の方はダメな様です。
カンボジアと戦争した時も徴兵が厳しくなったそうですが、今回はそれ以上に厳しいとの事です。

中国が三沙市地域で開発権を売ると発表した事に対し、世間では政府は何もせず、ベトナムの領土を中国に売り渡している、けしからん。と言うむきもあるようです。

中国では、尖閣諸島をめぐって、日本と戦争しても良いと言っている人が過半数と聞きました。
日本憎しの教育を続けた成果でしょうか。アメリカが自国のためとは言え、日本を守ろうとしているのに、わがままばかり言っているのと、体を張って中国が戦う姿勢を見せているのとで、大きな落差を感じます。普段はベトナム人の悪口ばかり言っているのですが・・・

それではまた。 7月26日


2012,04,02

3月も半ばを過ぎて、シャワーで最後に浴びる水が生ぬるくなってきたと思っていたら、昨日は台風がきました。結局ファンティエット辺りに上陸して熱帯低気圧に変わったようです。

ここホーチミンは、日本の台風を知っていれば、何の事はありませんでしたが(昼間は少し風が強いなぁと言いながら傘をさしてゴルフをしていました)、それでも夜には街路樹があちこちで倒れたりして大変だったようです。店もおかげて停電し、ローソクをともして営業していましたが、客足も途絶えてしまったので、開業以来初めて早じまいにしました。

ブンタオへ海水浴へ出かけた連中は、警察が出ていて浜辺へ立ち入らせて貰えず、仕方なく、そこらへんで昼飯を食って帰ってきたそうです。

カラオケ屋にも台風が吹いている様です。何でも公安のトップが女性になってから、取り締まりが急に厳しくなって(ご存じだと思いますが、カラオケのライセンスを持って営業している店は殆どなく、ほぼ全部がレストランとして登録していて、何んとか手段をこうじて営業をしている状態です。うちへも調査に来て、ほんとにレストランだと言って引き揚げたようです。)

例のゴーバンナム通りに公安のジープがデンと止まりっぱなしになっていて、警官がうろうろしていて、カラオケをやっていると挙げられたようです。酒を飲んで話をしているだけなら大丈夫のようでしたが、友達の話だと、お客さんを連れて行っても話だけでは間が持てなくて困ってしまうと言っていました。

カラオケ屋もかなり店を閉めてしまって、あの通りは寂しくなったようです。特に外国人がやっている店がターゲットになっている様だと言っていました。チョロンのシーザーはどうなっているんでしょうね。私は山のにぎわい(枯れ木も)になってしまって、実情が判らなくなってしまっています。人の話を聞いていると、若い人は元気で良いなぁ・・・

それでは又。
4月2日 佐藤


2012,02,09

今日とんでもない話を聞きました。外国人に対してはこんな事はないと思います> が・・・

外資系の病院にかかれない、一般のベトナム人が最後に頼りにする病院の話です。 肝臓がんで入院した患者の環境がひどく、1つの小さなベッドで患者は3人も一緒に寝させられるような病室で…(私自身は2人ベッドに寝ているのはよく見かけます。付添いの人はベッドの下とか、廊下に寝ています。これがフツーなんですが…)、付添いの親族が医師に文句を言ったところ、その医師は なんと「文句が有るなら、ホテルへでも行け。死ぬ間際になったら連れて来い。」と 言ったそうです。余りの言い様に腹を立てた親族が、「医師の制服を脱げ(医師を辞 めろ)」とやり合ったそうです。

またその後の病院の対応が驚くべきもので、強制的に退 院させられたそうです。親族の方はどこへ連れていくか苦しんでおられるそうです。

交通事故で死にかかっていても、金が有る事が判る迄何もしてくれない、と言う事は 以前にも書きましたが、恐るべき病院のマネージメントの態度、倫理です。

ベトナムを訪れる方々に、こう言う事もあるお国だと言う事を知って頂きたくてペン を取りました。

2月9日 佐藤

病院のその後の情報が入りました。病院とベトナムの名誉のためにご連絡します。

結局患者さん、親族の方と病院で話し合いがついて(病院がそんな対応をすることはできないと言う事だったそうです)、引き続き入院されており、検査の結果まだ初期の段階である事が判ったとの事。

とり急ぎお知らせまで。

2月14日 佐藤



2012,02,02

毎年の事ながら、テトが終わったとたんここホーチミンは暑くなりだしました。テトは陰暦で今年は早かったのですが、なんだかテトに合わせて暑さが変わる様な気がします。気候は陰暦に合わせて変わるのですかねぇ。

さて、今日は泥棒の話です。従業員の家族の家に泥棒が入り、話を詳しく聞く事が出来ました。ここではバイクは普通リビングの中に入れ、入り切れないのをヤードが有ればそこに置きます。何故汚い物を・・・と思っていましたが。明け方、ご主人がトイレに行きたくて目を覚ますと、家のヤードで何やら怪しげなもの音がする。電気をつけると、2人黒装束の男がいて、あわてて門と屋根の隙間をくぐって、金切り鋸を残して、外に待っていた二人と逃げたそうです。指紋を残さないようにてにタオルを巻いていたとか。
リビングに入り切れないバイクに目をつけて、盗もうとしていたのでしょう。数日間怪しげな奴が、近所を自転車で何度も何度もうろうろしていたそうです。侵入場所とか、バイクの種類とか物色していたようです。

私がその話を聞いた時、どうしても理解できない説明が有りました。それは件の泥棒が、家人を家から出れないようにして、バイクを盗もうとしていた。と言う事です。鍵なんて家の中からは当然開けれるものと言うのが私の常識ですが、ここではそうではないんですね。ヤードの内側にある扉でも、外から南京錠が掛けれる様になっているんですね。その事がピンと来なくて、これを見てみろと扉を見せられるまで状況が良く理解できなかった次第です。

そう言えば駐在員事務所で働いていた時、クリスマスの日に、2階で働いている人達がいるのを知らずに、外から鍵をかけて帰ってしまい、連中をクリスマスパーティーに出られなくしてしまったと言う事件が有りました。竹岡さんはあの中にいなかったのかなぁ。たまたま事務所に置いてあった日本酒を皆さんで飲んで過ごしたと言っていましたが、3年位経った酒だったんです。「何んともなかったよ。」でした。抜群の防腐剤の効き方だと感心しましたが・・・

警察? ここでは未遂の事件なんかにゃ構っちゃくれませんよ。極端な言い方をすれば、泥棒はやりたい放題。

それでは又。

2012年2月1日
佐藤


2012,01,27

日本はかなり寒いようですがお元気ですか。

こちらはテトもやっと終わり、一息付いている所です。従業員の大半は地方から出てきている人が多いので、例年人集めに苦労しています。残っている従業員の家族、親戚から、13歳位の子供まで含めて手当てしています。

お客さんはお断りする位たくさん来て頂くのですが、サービス要員が大半ど素人なので、お客さんもそのつもりでいては下さると思うのですが、いつも気がかりです。ここ2-3年大体同じ臨時雇いの子たちですので、かなり慣れてきてくれてはいるのですが。お金儲けが厳しい物である事を学ばせるためと言う親御さんもいます。

今年は食材について面白い経験をしました。岡山名産の”ママカリ”は御存じだと思います。こちらでも”ザッパ”が取れますので、日本人の方が加工指導されて、輸出しているのを分けて貰っています。このママカリで面白い経験をしました。私自身は酢締めにしたこの魚あまり好きではない(身がぱさぱさになる位に締めてある)のですが、ベトナム人は喜ぶようです。ところが、たまたま私が食べたママカリがいつもと違って美味しかったので、その事を従業員に話したら、ベトナム人にはこの新しい味が不評で、これはママカリではない、と言われていたようです。日本人の方は結構食べて頂いていたようなのですが・・・

私自身日本でママカリを食べた事が有りませんので、今度帰った時、じっくり食べてみようと思ってます。それでは又。

2012年1月27日
佐藤


2011,12,13

又久しぶりにお便りします。最近帯状疱疹なる病気にかかり、痛い目にあっております。年なんだから半年は痛いぞと脅されています。服が触るだけでも痛いですね。何でも水疱瘡をやっていない大人はかかり易いとか。一般的な病気は子供の時にやっておくものですね。

さて、もう少し前になってしまいましたが、上海で交通事故にあった女の子を、誰も助けずに死なせてしまったと言うニュースが有りました。

中国人の話として、関係の無い人を助けて病院まで連れて行ったら、後からその病院から治療費を請求されたとか、自分が事故に無関係と証明できるものが有れば、助けてあげるとか、色々な話が有りました。

私も大昔、高校生の時全然関係の無い人が交通事故(大した事故ではなかった)にあった現場に遭遇し、手助けしようとしたら、たまたま通りかかった友人のお父さんが、「佐藤君、君の知人(しりびとと言われた)か?」と声をかけられ、「それならかかわり合いになるな」とアドバイスされた事を思い出しました。

マスコミは中国人を非難するような風潮でしたが、日本人かて余計な事にかかわりたくないのが本音だと思います。

ここベトナムは、竹岡さんも良くご存じだと思いますが、事故にあって瀕死の状態で病院に担ぎ込まれても、本人に支払い能力が有ると判る迄ほっておかれるのが常識の様です。

赴任当時田舎へ出張した事が有りました。雨が降っており、丁度道路工事中で臨時の側道を通過する時、離合待ちで止まってみていると、女性(おばちゃん)がバイクで通りかかり、ぬかるみの中で転倒してしまいました。ところがこのおばちゃん、バイクを道に倒したまんま何もせずに突っ立っていました。暫くすると若い男の人が通りかかり、親切に起こしてあげていました。見ていた限りでは、おばちゃん、丁寧にお礼を言った風でもなく、当たり前だと言う様な顔をして去って行きました。この件と言い、病院の話と言い、どのあたりで線引きがされているのでしょうか。

それではまた


2011,10,25

お久しぶりです。

8月初めに2号店をオープンしました。Phu Nhuan 区の274-276 Phan Xich Longです。私が駐在員時代に住んでいた所の近くで、当時は細い薄汚い通りでしたが、今は再開発されて、 グリーンベルトが中央分離帯になった、片側2車線の立派な通りです。様々な会社が有り、外国人も結構住んでいる様です。観光客は期待できませんが、現地法人に勤務するマネージャークラスの昼食を狙って、4万ドンのランチも用意しました=サラダバー付き=が、今ひとつの売れ行きです。発売当初日本人のお客さんから、「これでやっていけるの」と聞かれました。「こればかりだとアウトです。」とお答えしましたが、幸か不幸か普通のランチの方が売れています。丸テーブルの部屋も、ベトナム人が喜ぶと言う事で作りましたが、さっぱり人気が有りません。掘りごたつ式のテーブルが好まれています。

迷信ぶり。

ベトナム人は非常に迷信深い事は御存じだと思います。店を作るにあたって色々経験しました。先ずは物差し。カウンターの高さに色々制限が有る様で、煉瓦で積み上げた高さが希望と違っていたので、高さを指定して変更させようとしたら、「その高さは良くない」との事で1cm程変更。扉の幅も、階段のステップの数、高さも制限が有る様です。一度作ったものでも、違っている事が判ると、大きくしたり、小さくしたり、ご苦労な事です。大工さんの持っている巻き尺を見せて貰った所、何か良く解らない寸法が刻まれており、それに従って判断している様でした。工事中隣のホテルの人間が毎日来て、煙草の火を借りていたようでした。ところがそれは、店が繁盛しないためのおまじないであると言う事が判って、以後は火を貸さなくしたそうです。所が開店後そのホテルの親族がちょくちょく来て、利用しているそうです。特に不審な行動は無い様です。

それでは又。



2011,07,12

前回季節感の話をしましたが、また新たな発見が有りました。飯屋をやっててお恥しい話ですが, “うに”です。馬糞うにの類ですが、業者が持ってきたのを食べてみると非常にうまい。

日本から持ってくる立派な木箱入りの物と比べ物にならない。

今まで何度かローカルの海胆を食べた事はあるのですが、水っぽくってこんなものかと思っていました。なぜ今までこう言うのを持ってこなかったんだと聞くと、いや今の季節だけ美味しいんですとの事。おそらく今月いっぱいでしょうね。沢山食べとかなくっちゃ…と言う事で写真添付します。

佐藤

2011,06,27

先日は店へ来て頂き有難うございました。相変わらずお元気そうでなによりです。

サイゴン便り本当にお久しぶりになってしまいました。この間に床屋もフォー屋も何もかもバンバン値上がりしてしまいました。床屋は1年前には1万5千ドンだったのが倍の3万ドン、 店の前のフォー2000、数ヶ月前に3万5千ドンだったのが4万5千ドン。
うちはお弁当を無料で配達して7万1千ドン。ウーン、フォー屋に鞍替えしようかな。

さて、滞在して16年今頃になって、ベトナムにも季節感が有るのに気がつきました。果物です。ポメロとかパパイヤ、ドラゴンフルーツは年中売っていますが、 かの有名なドリアンを筆頭に、マンゴー、ロンガン、ライチー、マンカオ、ランボタン  結構その季節にならないと見かけない果物が有ります。ベトナムには雨季と乾季しかない等と先入観を持ってはいけませんね。反省することしきりです。
先日スーパーマーケットで見かけたドリアンは、タイ産でキロ4万4千5百ドンでした。1個3-4キロはありそうでした。
1個4万ドンでもたっかいなぁと言っていたのですが、ベトナムも裕福になって来ているのでしょうね。

ドラゴンフルーツは昔に比べ随分味が良くなったように思います。こんなもの食べられるかと思ったものですが、いまは結構食べられるようになりました。私の舌の方がベトナマイズされたのでしょうか。
ポメローも随分美味しくなりました。道端にひな壇の如く積んで売っていた、ドンナイ産のものは見かけなくなりましたが、メコンデルタ産の物が多く出回っている様です。非常に美味しくなっています。
先程のドリアンもタイ品種の物を栽培するようになっていて、それも農家が販売用に木に生っている物と取ったのではなく、自家用に木から自然に落ちるの待って食べるのが、非常に美味しいようです。タイ種の物はタネがとても小さくて、味が良くって、高くても食べたくなります。
ロンガン、ライチーは昔と味は変わっていない様に思います。マンゴーも相変わらず美味しいですね。
中には塩唐辛子で食べる品種も有って、あれには閉口しましたが、なれると美味しいのかもしれません。ベトナム人にとっては煮て食べるバナナと同じ位置づけなんでしょうね。

それでは又。

2011年6月27日

佐藤


2010,10,09

このところ、大概の他のレストランの客も少ないようです。ベトナム人の客が減った様に思います。以前に枝豆を殻ごと食べて、堅いと文句を言われた事は書きましたが、今度は刺身です。山葵ではなく、紅ショウガを大量によこせというお客さんが居たりして驚いています。寿司もかなり固く握っていないと気にいらないようで、口に入れるとふわっと解けるような握り方はダメなようです。

ハノイでの花火事故の話、“さもありなん”という思いがします。ここの連中はプロの仕事という意識が無く、形さえ様になってりゃそれで良しなんですね。火薬がどんなに危険なものか、考えてないんじゃないでしょうか。そういう教育をすることもなく、仕事をさせているんじゃないかと思います。レストランを始めたころ、受電盤が固定されていなくて、ねじが緩んで電線が燃えだした事が有ります。電力会社に依頼して直して貰ったのですが、その後気になって電線の接続部分を触ってみたら熱い。絶縁テープをはがしてみたところ、なんと電線を2−3回よじってつないだだけの処置でした。電力会社の正社員がこれですから、ど素人はどんな工事をしている事やら。幸いこの国の建物のつくりは、空芯煉瓦が主体ですから、火事の発生には至らないのでしょうが。電話線の工事なんて酷いものですよ。電線をつないで、雨の当たる所でも絶縁テープを巻きませんからね。

電線と言えば、電話線、電力線共に無事地下に潜りました。3相高圧線が残っているだけです。町並みはすっきりしました。ついでに店の真ん前にあった大木もいつ倒れてもおかしくない状態だからと切り倒してくれました。

この大木、魂が宿っていると考えられていて、毎日線香を供えてお祈りしていました。信心深いんですね。ところが同じ木の道路側は、ごみの集積所で、夜になるとごみを出していました。ベトナム人は寛容なんですかね。 従業員の中には、この木には幽霊が居ると言って恐れている人もいました。そういえば今の店に移る時、お祈りをして貰ったのですが、例のカラオケの後と言う事もあって、現地人が驚く位丁寧に、1回づつお祈りをしてくれたようです。心の底では、カラオケやバーと言うのは卑しい職業だと思っているんでしょうね。しかし自分がその当事者になると、背に腹は代えられないと言うか、そんな事はどうでも良くなる人が多いように思います。

色々な事につけて、何かと迷信深いと言うか、信心深いと言うか、そんな人達ですが、長さの違う箸を平気で使うんですね。理由を説明すると、納得しますが、ベトナムでは箸でお骨を拾う習慣はないようです。もっとも土葬が主体の国と言う事もあるのでしょうが。それで、家の真正面に木が有るのは良くないようです。そんなわけでしょう、隣の家とのちょうど中間あたりに、若木を植えてくれました。幽霊の恐れはなくなりましたが、今度は木が無くなったので、暑くて昼寝がやりにくいとこぼされています。

それでは又

2010年5月30日 なごみ佐藤


2010,05,30

例年なら5月早々には雨期入りするのですが、今年は遅れていて、ここ数日やっと時々雨が降るようになりました。暑さで亡くなられた方も居られた乾季でしたが、少しは涼しくなるでしょう。

先日紹介した電話線ですが、美観上宜しくないと何方か偉いさんがおっしゃったのでしょうかね、無秩序に張り巡らしてあったものを束ね始めました。確かに見易くなりましたが、影が減りました。

店の前の通りは、電力線を地下に埋める工事をやっていて、先日夕方6時に済ますと言っていた工事が、8時にまでずれ込んでしまいました。ろうそくで営業したのですが、暑い中良いよと言って頂いたお客さまも、数組おられました。有り難いです。でもおかげで今年の売上最悪記録を更新しました。電力線は地下に潜りましたが、ここでは電話線は元のまま、無秩序に日陰を作っています。

精進料理

ベトナム人は非常に信心深く、仏教徒は月に何回か精進料理の日が有るようです。先日それを作っているところを見る機会が有りましたが、ハムだの、海老だの、つみれ等色々既製精進食材を売っているのですね。つまみ食いをしてみましたが、なかなかの味で、海老などぷりぷりしていて、本当に野菜だけで作っているの?と思いました。

超高級お客様(主にベトナム人)用に、神戸牛を用意しているのですが、暫くはダメになるでしょうね。ビーフではあの味は出ないし、うちは高級店ではないので、ありませんで済まされますが…
神戸牛は非常に高価ですので、マージンを削れるだけ削って売っています。食べたお客さんは皆素晴らしい味だと言って頂きます。残念ながら大半のお客さんはベトナムのお金持ちです。この方たちはリピーターになって頂いています。それがどれだけ高くなるのか見当がつきません。日本で焼き肉店をやっておられる方は、どうなるのか皆判らないと言っておられます。さしあたってはUS牛の輸入問題がクローズアップされるのではないでしょうか。

それでは又

2010年10月09日 なごみ佐藤


2010,04,03

大阪梅田の歩行者信号機に信号が変わるまでの時間表示が出るようになったのは、ずいぶん前の事でしたね。
あの時はせっかちな大阪人の象徴の様に言われましたね。あのタイプの信号機増えていますかねぇ。日本に帰っ
た時も気にならないので増えていないと思いますが…
ホーチミンではあのタイプの信号機が随分増えました。赤信号があと3秒位になるとバイクも車も動き出します。動
かないでいるとクラクションを鳴らされます。せっかちなのは大阪人以上ですね。そのくせ仕事はチンタラチンタラ
やっているのに。その信号機ですが、新設の信号機だけでなく、前からある信号機にも、少し前から時間表示をす
る単体が補助灯 …と言っても本体より2回り位大きいのですが… の様に、一番上に取り付けられだし、もう殆
ど全部と言って良い位です。評判が良いのと、皆が信号を守り易くなったのでしょうね。こう暑いと残り時間を見
て、バイクに乗っている私等は、信号の手前5〜6メートルの木陰で止まるかどうか決められますから便利です
ね。

ビザ大変です。3か月しかくれないし、更新はしてくれないし、そのたびに出国してベトナム大使館へ行って取得し
なければなりません。近いのはカンボジアですが、ちょと行く気になれないので、この前はシンガポールへ行ってき
ました。もともとはバンコックへ行く手配をしたのですが、国内情勢が騒然としていて、ベトナム政府が行かない方
が良いと言う通達を出したもので、シンガポールへ変更しました。でもシンガポールは航空券も、ホテルも食べ物
も高くていやですね。香港の様に道行く人に恐怖感を覚えたりする事はないのですが、全体が金金金といった感じ
で冷たくて嫌ですね。テキパキとしていて良いとも言えるのですが。

この点ベトナム人は良いですね。騙される事さへ気を付けていれば、… あまり信用しなければ … 気楽に付き
合えます。のんびりしていて約束の時間なんて有って無きが如きもの、…やめましょう。悪口のオンパレードになっ
てしまいそうです。

15年前に来た時 “ベトナム人と付き合うためのべからず集”と言うのを頂きましたが、変わっていないですね。50
年経ったって変わらないと言った人がいますが、ホントだと思います。マレー語に“ティダパー・オラン (ティダ ア
ダ アパー・オラン)”という言葉が有ります。どうって事ないよ、とかいい加減で良いよ、と言った行動をとる人、ナ
アナアの人、位の意味合いですが、私の様なそんなタイプの人間でないと、長くは付き合っていけないんじゃない
かと思います。ついでに博学を披露しますと、オランは人、なじみ深いオラン・ウータンは森の人の意味です。

夜来香、良く知っているような気がしていましたが、先日生まれて初めて実物を見て、食べました。最初つぼみを
見た時菜の花の様な感じでしたが、野菜の図鑑を見ても載ってないし、聞くとぶどうの様なつるに咲くとの事。学
名と英語名を調べてもらって、夜来香と判った次第です。それで食べ方はスープに入れて食べたり、牛肉と炒めて
食べるのがポピュラーとの事。早速そのスープと言うのを頂きましたが、まぁまぁいける味でした。お浸し、白和
え、胡麻和えで試しました。お浸しは問題なし、白和えと胡麻和えは、豆腐と胡麻の味に夜来香が負けてしまって
いるようです。

乞食、最近少なくなりましたが、時々見かけます。ベトナムの人は非常に親切で5千ドンとか1万ドンをあげている
ようです。通りがかりの若い女性が、わざわざバイクを止めて、財布を引っ張り出して恵んでいることもあります。
日頃見聞きするベトナム人の別な面を見るような気がします。

人手不足:ベトナムでも労働力が不足し出して、工業団地など悲鳴をあげているようです。外国人労働者の受け
入れができるようにして欲しいという動きも出ているようです。私の店も結構苦労しています。特に掃除と皿洗いの
人がなかなか来ません。来ても翌日からもう来ないという事もちょくちょくあります。以前は中部、北部から出てき
た人を紹介してくれる所に頼めば、取り敢えずは来て貰えたのですが、最近は、クリーナーはいやだと言って来て
くれません。国が豊かになった証拠でしょうかね。うちにいたウェイトレスでカラオケ嬢になった娘もいます。3Kが
いやなのかもしれません。

それでは又


2010,04,03

矢継ぎ早ですが、カントーが出たついでに、

カントーはメコンの真っただ中にありますが、海外からの観光客が取り敢えず手軽にメコンを見れるのがミトーで
す。 最近このミトー近辺では渇水状態だそうです。メコンが干上がったわけではないのですが、水位が下がった
ため、支流の小さい川が渇水状態になって、飲料水の確保が難しくなり、田畑に散水するのが禁止されたそうで
す。作物は枯れても人間が死ぬよりましだろうと言う事です。 河口近隣では、海水がかなり上流まで逆流してき
て、作物のかなりの被害を出しているようです。流域の森林の乱伐も影響とか中国でダムを造っている影響もあ
るようです。国をまたがる水利権と言うのは難しいですね。 洪水…と言っても日本のように濁流渦巻くのではな
く、じわっと水位が上がって、あたりが水浸しになる。道のあるところには竹竿が立ててあって、ズボンをまくりあ
げて竹竿の間を歩く、アオザイの生徒さんも然り。…は年中行事に組み込まれていますが、渇水はお手上げのよ
うです。河口に堰でも作れば対策になるのでしょうが、長良川のように河口が一つじゃなくて、あちこちに山とあり
ますからね。万里の長城を築く位の意気込みでないとだめでしょうね。

それでは又


2010,04,02

もう4月、日本も暖かくなっているのでしょうね。 ここHCMもずいぶん暑くなってきました。36〜7度位あると思い
ます。本当に電話線の陰でも選って歩きたい。ご存じのように、ここの電話線の束は無秩序にものすごく大きいで
すからね、結構日陰になるんです。

さて、2年程前日本のODAで建設中のカントー橋が落下した事件はご記憶だと思いますが、最近コンクリートに使
う砂を規格外のものを納品させて、賄賂をとった咎で8人逮捕されました。エンジニアが中心で、事務の担当も交
じっていたようです。こういう工事のエンジニアは甘い汁を吸えるので、かなりのコネがないとなれないそうです。前
回の落橋とは直接の関係はない様ですので、逆に将来何が起きるかが心配です。工事用の機材も大量に盗んで
売りさばいていたようです。私は日本人は何を見ていたんだと言われてしまいました。日本人は騙しやすいと思わ
れているんでしょうね、きっと。

橋が落ちると言えば、いつ落ちてもおかしくないと言われていた、ドンナイ川にかかっているビエンホアの橋、11
人乗りより大きい車両でないと通行してはいけないと、全く信じられないような規制も一時やっていましたが、隣に
作っていた新しい橋が完成しました。それで古い橋を通行止めにするのかと思えば、一方通行にしただけで、相
変わらず車はバンバン走っています。よく解らない国です。

9ホールだけ完成して営業していた新しいゴルフコースが、いよいよ今月中に18ホールオープンします。
このコース韓国資本でやっているそうですが、従業員の躾が良いのに驚きました。従業員みんながお客さんに笑
顔で挨拶しますし、レストランの従業員もすることがない時は、きちんと立っていて、話もしない。実にいい気持ちで
す。やればできるんだ、と韓国人に脱帽です。でも4万ドルはちと高いですね。

それではまた。

2009,12,19

お久しぶりです”といつものパターンで始めるのはいささか後ろめたいのですが…

以前にラーメン屋のトラブルで投稿されていた方がありましたが、あのラーメン屋、売りに出ています。800万ドン
だそうですから400万円強ですか…長続きしないものですね。

そういえば高級焼き肉レストランでスタートした、日本の有名人がオーナーの某レストランも今月中に閉鎖になりま
す。どちらも日本人が直接コントロールしているうちは良いのですが、それがなくなるとどんどん質が落ちて行って
しまうようです。後者の高級レストランの場合も、当初は日本人のシェフが数人いて値段も結構良かったが、相応
の質でした。しかし
日本人が帰ってしまうと先ず質が落ちてきて、客が少なくなる、それで値段を下げて、質ももう一つ下げて、ますま
す客離れしてしまう。従業員も減らして少人数でやりくりしたり、途中で日本人が一人再赴任して貰ったけれどベト
ナム側の意向が強く、思うようにならず、結局閉めてしまうことにしたそうです。

ラーメン屋もそんなに客は入ってなかったし、悪循環になったのでしょうね。ベトナム人とか韓国人とかが、日本レ
ストランと銘打って始める店は、大体うまくいかないようですね。

ただクウィンとかジップの始めた日本レストランは成功していますね。あれは連中がもと働いていた、さくらレストラ
ンのチンさんの教育が非常に良かったためだと思います。彼は、どうすれば日本人が喜び、満足するかを常に研
究していたそうです。

それにしてもなぜ彼女たちはつるんでさくらを止めてしまったのでしょうねぇ。チンさんは、一番信頼していた連中
に裏切られました、とこぼしていました。クウィンとジップの店から分派した連中もいますが、1店を除いては皆ダメ
になっています。

チンさんはしばらくHCMにいませんでしたが、2年位前にHCMで高級日本レストランをはじめました。シェフにもと
西村にいた方を雇っているようです。客筋はハイクラスベトナム人=役人?=が多いようです。

ところで、初めて食い逃げの被害にあいました。私位の年恰好の日本人で…白髪で半分禿げている…新聞で顔
を隠すようにして食事をしていたそうです。以前にお金を払うのを忘れて帰られて、後で払いに来られたお客さん
がおられて、ちょうど繁忙時でもあったので、今度もその口かと思った様です。こんな日本人もベトナムにいるよう
になったのか、と思うとさびしくなります。

私がレストランを始めたころ、中年のやつれた感じの男性が小さい娘さんを連れて、カウンターで寂しそうに食事
をされていたことがあったのを思い出しました。あの時一声声を掛けておくべきだったかなぁと、今でも後悔してい
ます。どう考えても何か曰くのありそうな親子でした。

話は変わりますが、竹岡さんがこの前、8月だったかな、見えた時、工事中だった前の歩道、やっと昨日タイルを
敷いてくれました。その間セメントで簡易舗装したところを2度掘り返していました。一度は電力線、一度は電話線
だったそうです。このあたり日本とはやや事情が違いますかね。日本だったら、舗装を完成させて、またその後か
ら掘り返して完成さす、というステップになると思いますが…いやそんなことはない、まとめてやる、と叱られますか
ね。いや私はベトナムのやり方を褒めているのです。時間はかかるが計画的であると。で、電線も電話線も以前
のままで、相変わらずクモの巣状態です。

それではまた

12月18日

2009,11,12

今日床屋へ行ってきました。週間位で髪の毛が耳に掛かりだして気になるのですが、面倒くさくって、我慢の限界
になる6週間位頑張ります。ここに赴任した1995年当時は、近くのホテルの屋上にあった床屋で散髪していたので
すが、散髪代が7〜8万ドン位で、顔マッサージをやってもらうと、10万ドンほど取られました。 その後引越した家の
近くには、普通の散髪屋さんはなく、隣の家の塀に鏡を掛けただけの個人営業の散髪屋さんがあって、そこでや
ってもらいました。昔懐かしいバリカンという機械です。でも MADE IN USA と刻印してありました。切れ味は良かっ
たですね。髪の毛を切って、後ろ首の毛を剃るだけで1万ドンでしたが、ベトナム人に「高すぎる、お前ぼられてい
る、 7千ドンが普通だ」とからかわれました。エイズが怖かったので、かみそりの刃は持参して、取り換えて貰って
いました。雨よけと日よけにぼろぼろのシートを何枚か掛けただけの屋根の下です。そこには数年居たのです
が、その間に1 万5千ドンまで値上げされました。

今住んでいるところの床屋さんは、最初7千ドンで、普通の屋根のある家の床屋さんでした。弟子を2〜3人置いて
やっていました。その床屋さんでもかみそりの刃は持参していたのですが、あるとき親父さんが、自分の新品の刃
を出してきて、それを使ってくれました。腕も悪くなく、振動式のモーターを使って簡単にマッサージもしてくれます
し、まあまあ満足していたのですが、値段は 2年のうちに1万ドンになりました。

その床屋さんがある日突然いなくなりまして、向かいにあった床屋さんが、その店をやっていました。ところがそれ
は臨時の措置だったようで、数ヶ月後向かいの元の場所に戻っていました。値段は変わらずでしたが、ある日行
ってみると、入り口がガラスのドアになっていて、エアコンが動いていました。職人も 4〜5人は居るようですし、結
構、はやっていたんでしょうね。値段表が張ってあって、内容は判らないけど、一番安いのが1万5千ドン、上は8万
ドン位までありました。チップを含めて 3万ドン払っています。私が行くとニコニコしてやってくれるので、多分チップ
を払い過ぎているのだと思います。散髪時間はせいぜい20分です。今日本の散髪代いくらか知りませんが、それ
にしても非常に安いです。でもこれは場末での話し。まともな、若いきれいな女の子が沢山居る床屋へ行くと、結
構とられるようです。

暑くなってきました。日陰を歩きたいです。例え電線の影であっても。

それではまた。
11月11日なごみ 佐藤

2009,10,28

肩の調子もだいぶ戻ってきて、何とかボギーベースのゴルフを目指せるようになりました。

数日前、寿司カウンターの下に置いている小さい直冷式の冷蔵庫が、冷えなくなったというので修理に来てもらっ
たら、エバポレーターに穴が開いていました。張り付いた氷を早く取ろうと、ドライバーか包丁を使ったんでしょう
ね。彼らは自分がやったとはまず言いませんが、多分新米の職人が犯人だと思います。私が驚いたのは、その
冷蔵庫の運搬方法です。修理やさんは2人で1台のバイクに乗ってきていましたから、バイクシクロでも呼んで持っ
て帰るのかと見ていたら、まず運転手がバイクにまたがって、次に冷蔵庫を後ろの席に乗っけました。ああこりゃ
片手で支えて帰るんだなと思っていると、もう一人が、バイクを振り回すときに使う荷台の後ろに付いている、取っ
手の様な台の上に乗っかって、何のためらいもなく帰って行きました。人でも何でも積めるだけ積んじゃえなんで
すね。私もバイク暦は長いけど、あんな真似は思っても見ませんでした。創意と工夫のベトナムです。

管理人より:本当にベトナム人のバイクでの運搬には驚かされることばかりです。平衡感覚が抜群なことだけは確
かなのですが、それにしても驚きの数々を見てきました。

先日の税関の後日談。

先月日本へ帰ってきました。例によって別送品ありです。税関を通貨後イミグレカードをチェックしたところ、税関
吏のサインがありません。サインしなくて良くなったのですかねぇ。それでサインしてくれるように頼んだところ、私
のイミグレカードを事務所へ持っていったきり、帰ってきません。15分ほどして別の税関吏が出てきて、個数を聞
かれたまでは良かったのですが、よく判らない英語とベトナム語ごちゃ混ぜの言葉で、金額は?重量は?と。重量
までは気にしていませんよ、船で送ったんだから。200キロ位だろうと答えると、えっそんなにか?100キロ位だった
かな、と答えたらああそうかと納得した様子で、やっとサインしてくれました。30分位掛かりましたよ。でもやってお
かないで、税金をがっぽり取られたらたまりませんからね。賃金の安い私の事、30分位何でもありません。

写真まだ取れていません。情報ウェブのの方もあるので、あせってはいるのですが、まだ提灯をぶら下げて
いないもんで。今ぶら下げるべく、提灯を入れる箱と、提灯の中に入れる電灯の工作中で、数日中には完成する
と思います。

それではまた。
10月27日なごみ 佐藤

管理人より:さすがですね。ちゃんとチェックしている。私も8月の訪越時に税関を通った時、イミグレカード(現在
はイミグレと税関とが1枚のカードで兼用されている)にサインをしてくれない。おかしいと税官吏にカードをかざし
たが行けという合図。おかしいなと思いながらそのまま行きました。しかし帰国時にも税関ではノーチェックでした
ので初めて通関時の「行け」のサインが理解できましたが。佐藤さんの場合は別送の荷物がありますからやはり
サインは貰っておかないとベトナムのこと、何があるか分からないでしょう。

2009,07,18

久しぶりに嬉しい話です。 引っ越しもどうやら目鼻が付きそうです。引っ越し騒ぎで放っておいたのですが、税関と
思しき所から日本の郵便局から船便で送った荷物の到着通知が、送り状のコピーと共に届いていました。留学し
ているのならその証明書等を提出しろと書いてあるそうで、 1ヶ月たっても手続きがないなら、通常通りの通知を
出すから取りに来いとの事。いつもは単に取りに来いとの通知だけなのに、法律が変わったのかなと思っていまし
た。
で、そろそろ期日なので、確認してもらったら、パスポートと、出入国申請書(普通は出国時イミグレで取られてし
まいますが、ここ何回かは取られずにパスポートに挟んだまんま返って来ています)と過日入手した申請書類を持
って、代理人で良いから出頭しろとの事。
店の子に行ってもらったところ、年に回は船便でかなりの荷物を送っており、そのたびに別送品の申請をしている
のに、今回はしていない。それゆえ別途案内状を出したとのこと。イミグレの書類に税関の捺印がない、と言う事
で確かめてみたら、確かに前回や前々回の分には署名捺印のある欄が空白になっています。私は普通どおりに
通関しているのですが・・・次からはすぐ確かめなくっちゃ。(別送品は無税になるのです)
自分では何万人のうちの一人と思っていましたが、税関内部では私の名前を覚えられていた様で、それで今回は
おかしいじゃないかと言う事になったようです。意外な親切に驚いて喜んでいる次第です。

さて、引越し先は、同じ通りの同じ側で歩いて分の所で、日本式に言うと5階建てのビルです。間口は4.5メートル
程、今の店より少し狭くなりますが、普通の建物より少し広い位です。キチンは3F(4階)に持っていかざるを得ま
せんでした。4F(5階)は物置や従業員の更衣室等にします。

7月18日なごみ 佐藤

管理人より:ベトナムを知る者にとっては少なからず驚きですね。開けている税関を志すのでしょうが、嬉しいこと
です。
なお、ここにあるようにまもなく「なごみ」は移転するそうです。例にもれず大家と店子の問題でしょう。


2009,03,12

これが乾季なのかと思う、前の道が川になる大雨、またまたベトナム人に大腹が立ってしまいました。

ゴルフの後レストランで食事をしていたら、大雨がスタート。間もなくレストランの天井から、大雨漏り、まるで水道
の蛇口を3つ4つ開けっ放しにしたような雨漏りです。「ベトナム人の工事なんてこんなもんだなぁ」と仲間で結論付
けて帰店。ところがHCMに帰った時からゴルフ場の雨がHCMに引越した様で、間もなく大雨。暫くするとグランド
フロアーの入り口付近から、水がボタボタ。どうした事かと2階に上がって見たら、かのレストランに負けず劣らず
の大雨漏りです。昨日ネオンサインを付け替えた業者の野郎が、屋根を壊しよったなと、ベトナム人の工事の荒さ
を憤慨しておりました。
ところが私の住居も大雨で、雨漏りがして大変だったとの事。
吹き抜けになっている階段から、雨がざあざあ漏ってきたものだから、日本から持ってきた食糧品を避難させて、
水を拭きとって大変だったとの事。

そこへ若い連中が帰ってきて、屋根に上って見たら、雨どいに落ち葉が一杯。それを取り除いたら、水が一気に
雨どいを下って、グランドフロアーの排水溝から水が噴きあがってきて、またまた食料品を避難させ、水を拭きとっ
て大変だったとの事。それで今まで心にあったベトナム人への不信感が一挙に解消し心中平謝り。どうも何かあ
ると直ぐ人を疑う癖が付いてしまったようです。雨期になる前に雨どいを綺麗に掃除しなくっちゃ。

ところがです、さにあらず。件の若い衆が店の屋根に上って掃除をしたところ、枯れ葉のみならず、薬の梱包材
料、たばこの吸いがら、ビニールの袋、もろもろの生活廃棄物がわんさと出てきたとの事。
店の右隣は5階建て。6年前の店の家主なのですが、ここ以外にこんな物が屋根に落とすはずがありません。北
の方で、娘さんは非常にきれいな方で、お母さんも小柄ながら、昔は美人だったろうなと思わせる方なのですが、
いやぁまったく幻滅ですね。ベトナム人に対する侮蔑感と言うか軽蔑感と言うか、幻滅感と言うか、一気にぶり返し
た次第。
赴任当時手に入れた、”ベトナム人と付き合うべからず集“。あれどこにしまったのかなぁ?

3月9日 なごみ佐藤


2009,03,01

ベトナムの不景気さを、肌で感じるようになりました。誠にショウのない話ですが、土曜日もゴルフ場は混雑し始め
ました。外資が取り敢えず土曜出勤をやめているようで、暇になった駐在員の皆さんが押し掛けているようです。

店の方は多少客足が落ちたかなという程度で、それでも前年より売り上げは増えています。

3月1日


2009,02,28

お葬式

何日か前の事ですが、住処の2-3軒隣でお葬式がありました。中国式のお葬式で、騒々しいことは承知していま
したが、これだけマジカでガンガンやられるとこたえました。良識のある家庭では、そういう事はしないようですが、
かなりの家庭がガンガンやるようです。大体3日位お通夜をやるようですが、最終日はいわゆるゲイボーイの通夜
楽隊を呼んでのカラオケです。プロ用の大出力スピーカーを、思いっきり鳴らすものだからうるさいの、うるさく無い
の、テレビを見るのにイヤホンをして、音量を思いっきり上げても、よく聞き取れない位でした。それに、通夜に参
加している酔っ払ったオジサンたちもマイクを取って、調子っぱずれでがなり立てるものですから、うるさいのなん
の。両隣や正面の家の方よく我慢できるなと感心いたしました。この我慢強さがベトナム戦争を勝利に導いたの
だと納得しました。2時過ぎごろから少し下火になりましたが、4時過ぎまでやっていました。それで6時前になる
と、正式のお葬式のブラスバンドが、またガンガンです。これはお棺と共に遠ざかって行くので我慢できる範囲でし
た。

私の帰宅時間は大体夜12時前なのですが、普通その頃でも人がうろうろしています。でも流石にその日だけは、
たまたま体の調子が悪く10時前に帰ったのですが、通りはシーンとして人影もありませんでした。


2009,02,08

長くなるので書かなかったのですが、

ホーチミン市内は、昨年・・・いやもっと前からだったかな?・・・至る所で道路の真ん中で下水工事をやっていて、
車1台がやっと通れるだけの幅、場所によっては片側だけと言う有様で、市内は渋滞だらけでした。また1区から
4区へ渡る橋も2本架け替えをやっていて、曲がりくねった迂回路をトラックに怯えながらバイクの洪水の中を走ら
されていました。これ等が、テト直前になってぜーんぶ完成。驚きましたね。ところが、新しく開通した橋にトラック
が集中して、前よりもっと渋滞がひどくなりました。トラックも便利な方へ集中するのですね。この橋、片側2車線な
のですが、幅が狭く、普通なら車が2車線をふさいでもバイクが1台通れる位の余裕はあるのですが、それが全く
駄目。車が動かないと、バイクも全く動けず、と言う状態になってしまいました。幸いに曲がりくねった仮設の道路
をそのまま残してくれていて、こちらにはトラックは全く回ってこず、バイクの走行は非常に楽になりました。今はこ
の仮設の橋と道を取り上げてくれないことを祈るばかりです。

やっぱり悪口になってしまいますね。
それではまた。
2月8日


2009,02,07

正月明けに日本へ帰ってきました。寒かったです。

テト中は、満開だった桃の花も桜の花も、すっかり葉桃、葉桜になってしまいました。テト期間中に満開になるよう
に、水とか肥料とかを調整するのだそうですが、今年はテト前の気候が不順だったので、被害を被った業者は結
構多かった様です。木によっては、業者に預けると翌年まできちんと手入れをして届けてくれます。私の住んでい
るアパートでも桃の花を同じように委託していましたが、立派に花を咲かせました。流石に桜の花はホーチミンで
は気温が高すぎて、委託は無理の様です。
例年テトの前後は気温が低くて過ごし易いのですが、今年は寒い日がもう2カ月程続いています。通勤はバイクで
10分程なので、半袖で頑張っていましたが、今はウィンドブレーカーのお世話になっています。エアコンのない部
屋でテレビを見ていても、裸足では寒くて、靴下を履く程です。
テト休み中10人程で、6日間ぶっ通しでゴルフをしましたが、汗は殆んどかかずでした。

例年テト前から物価がかなり上がってくるのですが、今年は野菜等が多少値上がりしただけで、極端な値上がり
はありませんでした。値上げは先取りしたので、これ以上上げられないと言うところでしょうか。
1月分の材料の支払いが、数日前から始まりました。正月早々金を持っていかれるのは縁起が悪いという商習慣
の様です。バナナも売っていませんでした。これはバナナが下向きに生ることから、これも縁起が悪いのだそうで
す。色々面白い習慣があります。
昨日あたりから少し気温が上がってきている様ですが、まだウィンドブレーカーを使っています。

それではまた。
2月7日

2008,12,25


昨夜はクリスマスイブ、ご存じの様に,そうでなくても、クリスチャンでなくても、若い連中や家族連れが、バイクでう
ろうろ走り回って街の中心部は大渋滞になります。ところが昨日はベトナムとタイのサッカーの試合で、ベトナムが
勝って、もう町中が大騒ぎでした。走り回る事なんか全然できなくて、なんとか少しずつ動けるといった状況でし
た。店に来られないお客さんも結構おられたようです。そんな中普通なら歩いて10分もあれば来られる所を、1時
間かかって来てもらったお客さんもおられました。 有難たかったですね。

12月25日


2008,12,17

お久しぶりです。

実は私が使っているプロバイダーにスパムメールがじゃんじゃん入ってきているため、サーバーを変えたとの事で
す。もう1か月以上前になります。その連絡は入ってきていたようですが、そのE-MAILそのものを、迷惑メールと
思って捨てていたもので、対策をせずにいたら、ある日突然送信が全くできなくなってしまいました。受信はできる
のですが。それであわてて通信に強いベトナム人に来てもらって色々やってもらったのですが、送れる時と送れな
い時があるとの事で、全然使い物にならなくて、遂にプロバイダーにパソコンを持ち込んで、セットアップして貰い
ました。テストして問題なかったとのことでしたが、使ってみると、ベトナム国内で1か所エラーになり、日本の家族
には全く駄目、と言う状態でした。今日試したところ、通じなかったベトナム国内には通じるようになり一安心です
が、日本はまだ駄目です。GMAILも使ってみたのですが、家族の1人にはokで、もう一人にはngです。
日本でこんな事が1か月以上も未解決のまま放置されますかねぇ。

そんな訳で、一度お送りしたが送れなかった話題を古くなりましたが、添付します。

数日前ホーチミンへ台風がやってくるという事で、大騒ぎでした。何せつい最近ハノイがひどい被害だったし、数年
前は近くの港町ブンタオに台風が上陸して、80人位死者が出ています。あの時はそんな大きな被害が出ていると
は知らずに、ゴルフをしに行ったのですが、町に近づくにつれ、樹木が軒並み折れ、民家のトタン屋根や、瓦屋根
は吹き飛ばされ、道路標識や街の入り口にある大きなゲートもひっくり返って、大変でした。勿論ゴルフなどできる
はずがなく、引き返しましたが、数ヵ月後に行ったところ、景色がすっかり変わってしまっていました。あれ?この
ホールはどんなんだったけ?と言う具合です。

そんなこともあって、HCMへ上陸と言う事で、休校する学校あり、休業する企業ありで、各家庭では非常食の買い
出しに追われ、遅く買いに行った人は売り切れてしまっていた様です。私も店の食材が入ってくるか心配でした。と
ころが、夜中に雨がパラパラと降っただけで、何にもありませんでした。何十年か前の日本のように、天気予報は
全く当てにならないようですね。最も普段は"晴れ時々雨"としておけば、ほぼ当たりますけどね。

台風の進路に関しベトナムの進路予報と、日本の進路予報が違っていて、漁船群がベトナムの予報を信じた結
果、大量に遭難した事故がありました。あの時は暫く魚の入手が困難でした。

あの事故からの教訓がまだ生かされていないんでしょうね。


11月19日

犯罪急増
以前に、受刑者が刑期を短縮されて大量(3万人程)に釈放されて、治安状態が悪くなったと報告しましたが、国
際的ド田舎のベトナムも世界不況の影響を受けだして、倒産する企業も増えてきている様です。前科者+失業者
による犯罪が急増していて、白昼強盗も増えている様です。私の宿の近くのバイクタクシーをやっていた住人も、
タクシーと結託して強盗をやっていて、捕まって受刑していたのが、刑期をかなり短縮して出てきたとの事。捕まる
まで結構いい暮らしをしていたそうで、どうせ同じことを始めるだろうと言うのが、近所の噂です。私自身の帰宅時
の事は当たり前として、遅く帰る従業員は大丈夫だろうかと、本気で心配しなくてはならなくなりました。

12月15日


2008,10,27

10月から主にHCMの電話番号が8桁になりました。3を従来の番号の頭につけるだけと聞いていたのですが、ど
うもそうではないようです。ベトナムは数社、電話オペレーターがありますが、それぞれのオペレーターによって、
頭につける数字が違うのだとか。幸い店のお得意先は1社でしたので問題ありませんでしたが、一般の方は大変
なようです。電話をかける相手が、どのオペレータの電話なのか知っている人、何人居るんでしょう。家電メーカ
ー出身者としては考えられないことですね。
(管理人より;エツ!将来電話帳にどう載せるのでしょうか?以前8をつけ7桁にしたときも同じだったのでしょう
か?)

ついでにもう一つ呆れている話を。
道路の通行区分なのですが、一般的な片側3車線では、中央:乗用車、真ん中:トラック、右側:バイクとなっていま
す。これが全く融通の利かない区分で、乗用車が真ん中を走っても、トラックが中央を走っても違反となります。例
えば乗用車に乗っていて、後ろから来た乗用車が早いので、中央車線に移って道を譲ると、お巡りさんがいれ
ば、御用。譲ってくれないので、中央車線から追い越しをかけても、御用となるわけです。

日本の交通行政は優れていると思いますよ。ひとつだけ不満なのは、交差点で青になった時、何故左折を優先さ
せないのか不思議です。この方が交通はスムーズになると思うのですが。これはアメリカに行って感心したことで
す。


2008,09,14

矢継ぎ早ですが。

この国に初めて来た時、老いも若きも、女性がネグリジェで道をうろうろしているのには驚きました。家の近所だけ
のようなのですが、いまだに気分の悪い思いをしています。
つい先日アオザイで新たな発見をしました。営業時間前に女の子が掃除をしていたのですが、よく見るとアオザイ
にズボンとTシャツです。なんとも奇妙に見えました。
アオザイは、野球帽をかぶっても、ジャケットを羽織っても、ハイヒールでもスリッパでもよく似合うのですが、これ
は頂けませんでした。アオザイの前後のひらひらが、全体のフォルムを非常に良くしているんですね。
まぁ、アオザイのズボンとTシャツの組み合わせは、ネグリジェに次いで気分の悪いものです。


2008,09,13

*先日犯罪が増えていると書きましたが、私の身の回りもなんだか物騒になってきました。
   家主がシェパードを飼っていて、十分番犬の役目を果たしているのですが、先週末何か毒物の入った食べ物を
   食べさせられたようで、血を吐いて倒れていたそうです。獣医を呼んで解毒注射を5本程打って手当てをしたと
   ころ大事に至らなかったようです。その後も3日程注射を打ち続けて、今は元気になっています。家そのものは
   泥棒の侵入を防ぐため、金網を張ってあるのですが、隙間から食べ物をいくらでも放り込めるようになっていた
   ので、パンチメタルを張って、食物を投げ入れられないようにしました。門扉の下の隙間もコンクリートできっちり
   塞ぎました。この工事に2日かかりましたが、工事中男手が居なくなるというので、私は仕事を休みました。(の
   んびりとDVDを見ていましたが・・・)居直り強盗も頻発しているので、当たり前の処置のようです。先ず犬を始末
   して、次に泥棒、強盗を働こうという魂胆でしょう、きゃつらは。

   この国の悪人は簡単に人を殺す様で、タクシーの運転手を殺して8千円ばかりの金と、携帯電話を奪うとか、夜
   間帰宅して鍵を開けようとしていた女性を刺し殺してバイクを奪うとか、一家九人を皆殺しにし、一室に集めて
   放火するとか、ひどいものです。HCMの連中は人を殺すのは北の人間ばかりだと言っていますが、北でも逆の
   ことを言っているのでしょうね、きっと。
   NHKの海外安全ニュースではまだ何も言って居ない様です。日本人が被害にあったという情報がないためでし
   ょうが、昔のように安全ではなくなっているようです。


2008,08,14


*先日タイへ行ってきました。ベトナムと比べると、ずいぶん進んでいますね。観光資源の開発も、いかに観光客
   に喜んでもらえるかを一所懸命考えてやっているようです。ベトナムも私が赴任したころと比べて、随分進んだと
   思いますが、あのレベルになるのには、どの位かかるのかとふと思いました。社会主義国と資本主義国の違い
   が大きく出ているのでしょうね。

*さて、枝豆の話です。
   うちは非日本人のお客さんが多いのですが、最近特にベトナム人のお客さんが目立ちます。日本食がはじめて
   と言うお客さんも結構おられるようで・・・
   刺身や冷奴をトンカツソースで食べられるお客さんがおられます。これはできた料理をでき次第まとめて出すや
   り方が悪いのでしょうが、今のところそこまでは手が回りません。
   今日ベトナム人のお客さんから、枝豆が固い。中の豆は柔らかくて美味しいのになぜ皮がこんなに硬いのか。
   と言うクレームです。見てみると枝豆の皮がありません。これにはちょっと驚きました。皮はこうやってむいて食
   べるんだと、説明し納得してもらったようですが、消化は大丈夫なんでしょうか?食物繊維を沢山取られて、お
   通じは良くなるんでしょうねぇ。


2008,07,06

*従業員/に日本語学校(さくら)へ行っている娘がおり、七夕の事を習ってきたようです。少し詳しく説明すると、
   早速やってみたいということになりまして、隣のレストランの竹を頂いて、短冊に従業員が願い事を書きこみま
    した。私なりに日本語に訳して書いてやりましたが、牽牛織女共英語が判るでしょうから、ベトナム語の英訳
    をご紹介します。
    I wish I have a successful life.
    I wish to be a designer.
    I wish I have a lot of money in order to build houses for unlucky people
      (people without house, without parents)
    I wish my parents will be healthy and happy everyday.
    I wish I'll be thin.
    I wish I can sing and dance as singer.
    I wish peace and happiness all over the world.
    I wish my parents would have long life, I wish my education will be excellent and I wish I can reduce my
    weight a lot. A boy, 12 years old.
    I wish I'll always be healthy so that I can work in NAGOMI forever.
    読んでいると涙が出そうなのもあります。年の所為ですかねぇ。

    痩せたい二人とその他何点かの写真を添付します。

七夕 七夕 七夕

二人

    書きたいお客様には書いて貰って、つるすつもりです。

    7月6日”なごみ”佐藤


2008,06,26

*日本、いやなニュースが続いていますねぇ。
   ベトナムは相変わらず物価の値上がりが続いています。建設資材も高騰しているようで、建築を中断している
   ビルを時々みかけます。バブルもはじけてきているようで、アパートのレンタル料金も少し下がっているようで
   す。でも商業地は相変わらず高値で、加えて古い建物は、どんどんビルに建て替えられていて、店子としては、
   いささか不安です。

*暗渠の魚、
   さて、少し前の話になりますが、大雨にまつわるお話を少し。
   雨期になると、バケツをひっくり返したような雨がよく降ります。普通は1時間足らずで止むのですが、1時間半
   も降り続くと、道路が少し低くなっているところでは50〜60CMの洪水になります。そんなある日、従業員が私
   を雨の中に引っ張り出して、あれを見てみろと言うんです。何かと思ったら、真っ黒い15CMくらいの魚が道路を
   泳いでいて、それをみんなで捕っているんです。これどうするんだと聞いたら、勿論食べるんだと。いやぁ、下水
   に住んでいる魚なんですがねぇ。

*別の日の話。ゴキブリ
   ベトナムのゴキブリは、暑さのせいか動きが鈍く、目に触れる奴はいつも酔っぱらいみたいによたよた歩いて
   いて、日本みたいにブンブン飛んでいることは先ずありません。で、激しい雨の日トイレに行きましたら、ゴキブ
   リが10匹ばかりうろうろしているんです。普段は踏みつぶすんですが、ちょっと数が多いので、殺虫剤を取りに
   行って帰ってみると、居るわ居るわ、床一面ゴキブリの絨毯が出来上がっていました。ドアを閉めてこの野郎と
   ばかり殺虫剤を噴霧したところ、連中ブンブン飛び回って飛び付いてくるは、背中に潜り込むはで、いやぁ大変
   でした。たぶん10分足らずだったのですが、殺虫剤の匂いと、ゴキブリの気持ち悪さで参ってしまいました。連
   中も皆くたばってしまいましたが、ひと山のゴミですよ。ほうきで集めて、チリ取りで何杯か捨ててもらいました。
   下水に巣を作っているんですね連中。おかげで暫くの間はゴキブリの数が減ったようです。殆んど室内では見
   かけませんでしたから。
   それではまた。


2008,06,04

*日本から帰ってきましたが、まさに3寒4温の日々でした。

*ベトナム人はお金持なのかなぁ?
   ベトナム人では自転車やバイクの空気入れを持っている家庭は少ないようです。道端にコンプレッサーを置い
   て、空気入れ賃の商売をしています。キーコキーコポンプを押して汗を流すより、簡単にプシュッとやってもらえ
   ば事足りると言う事でしょうか、それとも空気ポンプが高いのでしょうか。この店?は簡単な修理や、2−3リット
   ルのガソリンの販売も兼ねています。いわばバイクの救急病院みたいなものです。
   で、空気の入れ賃が1輪1,000ドンだったのですが、最近1,500ドンに値上がりしました。先日2輪入れて3,000ド
   ン払ったのですが、1,000ドンだけ200ドン5枚で払ったら、受け取らないのです。200ドン(約1.3円)をバカにして
   いるって感じでした。ふざけるなバカ野郎と日本語で言って、押しつけて立ち去ったのですが、ローカルにこの
   話をしたところ、そうですよ。と言う事でした。どの位月収があるのか知りませんが、日本なら1円足りなくても物
   を売ってくれないのにと思います。

*ヘルメット
   無着用のライダーをちらほら見かけるようになりました。今のところお巡りさんはこれを見逃してはいないよう
   で、白バイにつかまっているのも見かけます。自分の命を守るためですからねぇ。先日お客さんに私のヘルメ
   ットを貸したところ帰ってこないので、新しく買いました。空気穴のようなものが開いていて、こんな物何の役に
   立つのかなぁと思っていましたが、いくらか涼しいように感じます。この辺のところはいいセンスをしているよう
   で、特に女性用のヘルメットは非常にファッショナブルになっています。見ていて楽しいです。


2008,05,20

*今夜日本へ1週間ばかり帰ってきます。値上げの直後だったので、予定より1週間遅らせました。値上げに対
   する反発はありませんが、物によっては値上げ率を抑える代わりに量を減らしたものもあって、お客さんによ
   っては、少なくなったなぁと言われる方もあります。概ね受けいれて頂いたようで、客数はあまり変わりません。
   (※管理人注釈:ベトナムの物価上昇は凄い勢いのようです。ざっと主な材料の仕入れを見ただけで、1年前
        の倍、ものによってはそれ以上だと聞いています)

で、帰国前に2言

*遂に値上げし、メニューも更新しました。お弁当の方も値上げしましたが、その前に配達先の従業員が一言。
   早く値上げして欲しい。そうしないと経営陣が諸物価の値上がりを身近に感じてくれないから・・・と。

*私ドリアン大好き人間です。あんな臭いものと言われる方も多いですね。そんな私に朗報が一つ。2〜3年前
   からタイ産と同じ種の非常に小さいものが手に入るようになりました。値段はもちろん割高ですが、種が小さく
   なった分、実が多くなった事と天秤に掛けると、おつりが来ます。コストパフォーマンスは非常に良いですね。
   某日本食屋と同じですかね。ついでにドリアン毛嫌いの方に、ファンになる食べ方をご紹介します。冷凍庫で
   カチンカチンにして食べてみてください。常温でも大好き人間になります。実績多数ありです。


2008,05,14

*最近ベトナムの犯罪が増えてきている。原因は政府が資金難のため、囚人の刑期を短くして、釈放しているた
   め。というのが巷の噂。

*腎臓を中国人に売った若い男性が、金を貰えなかったうえ、中国で半身不随の状態になっているのを、彼のガ
   ールフレンドが見つけ、やっとの思いで連れて帰った。ところが、彼の父親はガールフレンドが金を取ったのだ
   ろうと言っている。

*良かったと言える様な事は、ヘルメットの着用。過去何度か着用が法制化されたが、暑いとかなんとかいう理
   由で立ち消えになってしまったが、今回は一発で成功。不着用罰金20万ドンの霊験あらたか。

*政府がセメントの値上げを認めなかったため、製造業者は生産を中止。建設業界は非常に困っている。ただ
   これは、業界内部の方の話では、セメントも石も砂も配給制になっている。その日の割当量が終わると仕事
   も終わり。

*無料 アクセス解析
*太陽光発電