ベトナム雑記帳 中学時代の仲間とサイゴンで home
line
2006,02,19〜02,25の間中学時代の仲間のご夫婦5組をサイゴンとカンボジア:シェムリアップの旅を案内してきました。皆さん満足された様子です。何といってもグルメが最高の様子でした。
ツアーのような忙しい旅は避けて、出来るだけノンビリ旅を心がけましたがそれでも期間が制限されていますから結構慌しい旅でもありました。ただ、ホテルを厳選しましたので水泳を楽しんだりしてリラックスしてもらいましたし、ご婦人が中心の買い物もそれなりに楽しまれたようです。
初日から空港でスーツケースを間違えて持ってくる失態をやらかし、何とか持ち主に返すことが出来、自分は空港まで取りに行くという、とんだ時間ロスをやらかしました。皆さんにはホテルで足止めさせてしまいましたが、フリーのアルコール類と軽食で凌いでもらえました。
私は2/28まで滞在を延ばして会社訪問や昔の仲間達との再会で楽しんできました。それでも時間が足りずに会えなかった者も多いですが。
New World Hotelにて
チェックイン 全員集合
先ずはチェックインです。ここは私のお気に入りのホテルです。 ロビーにて全員集合写真。
10階からの眺め ひと泳ぎ エクゼクティブフロアーラウンジ
10階からの眺め 早速ひと泳ぎ エクゼクティブフロアーラウンジのウエイトレス。軽食とアルコールのフリータイムは5:30〜20:00。
デザート スナック類 軽食類
ラウンジでのデザート。勿論フリーです。Exective Floorだから。 スナック類。 軽食類。勿論フリーです。
テラス 花
ラウンジのテラスにて カンボジアから帰ってきました。バックの花が変わっていました。
統一会堂=旧大統領官邸
統一会堂 ロビー
ベトナム戦争終結までの大統領家族の住まい ロビーのウルシ画の前でガイドの説明を聞く
大会議室 大統領応接室
大会議室。現在も政府要人の会議などで使用されることもある。勿論このような時は見学できない。 大統領応接室
来賓室 象の足
来賓室。象牙がすごいです。 各国からの贈り物中の一つ。象の足です。勿論本物です。
調理室 映写機
調理室。日本製の調理器具が多くあります。 映写機。家族専用の映画室がありました。
戦車 ヘリコプター
戦車が2台。左の戦車が正門を無血突破でベトナム戦争は終結しました。右のは米国製。 戦車の突入と同時にヘリコプターで要人は脱出。米艦にて出国。
聖母マリア教会
聖母マリア教会
ゴシック建築のカトリック教会前で
中央郵便局
中央郵便局 地図
駅舎を思わせる内部。正面にホーチミンの写真 壁にはサイゴン時代の地図。電話ボックスもお洒落です。
街の様子
街中 アオザイ
街中を無秩序に走るバイク、車、シクロ・・・ 高校にも迎えに来るのはバイク。白のアオザイが女子の制服です。
バイクで運ぶ バイク駐車場
何でもバイクで運んでしまう。中にはサーカスまがいのことも平気でする。 路上のバイク駐車場。これでもちゃんと駐車代が必要です。勝手に止めておくと盗まれてしまう。それにしてもバイクも皆新しくなったのも驚きです。昔の汚いのは何処へ行ったのか。物を捨てない国ですから?
湧き出るバイク とにかくバイク
ウンカのごとく湧き出るバイク。 とにかくバイクです、この国は。
竜眼売り マンゴ売り
疲れた! と一休み。竜眼売りか? こちらは売りまくってる?マンゴですね。
物売り 果物売り
中学校の前で何か物売りにたかっている。 果物を売ってます。その奥は野外喫茶です。
人民委員会庁舎 市民劇場
ホーチミンの像越しに人民委員会庁舎ルネッサンス様式の建造物。 市民劇場。1899年オペラハウスとして建立。
ベン・タイン市場
ベン・タイン市場 果物コーナー
ベン・タイン市場内部。小さなテナントが一杯で何でも揃いそう。ただ鳥インフルエンザ以来生き物の販売が姿を消しています。 果物コーナーで
ランプタン おっぱいフルーツ
2月は果物が少ないのですが・・・手前のはランプタン。ベトナム語ではチョムチョム。 何処の店でも美しく並べて売っている。売れたらまた積みなおしながら。丸いのはおっぱいフルーツ。この時期だけ、しかも南部だけです。モミモミしてから食べます。
戦争証跡博物館
戦争証跡博物館 戦車
戦争の残虐な姿が写真で伝える。日本の写真家の写真もある。何度か足を運んだが実に虚しい。 展示されている戦車。
鉄の塊? 米軍のヘリの基地
何に関心が?鉄の塊? ビエンホアの米軍のヘリの基地。枯葉剤もここから運搬。我々はここに工場を建設しています。今回初めて目にしたので思わずカメラに収めました。
ティエン・ハウ寺
本堂 渦巻き線香
派手な本堂の前で 渦巻き線香が一杯
線香を奉納 線香
代表して線香を奉納。15,000ドン(約110円)でした。赤い短冊に本旅行の無事を記しました。 奉納した線香はこのように吊るされました。7日間燃えて、最後に赤い短冊が燃え尽きるそうです。
壁面の飾り 海の女神
屋根の上の壁面の飾りと線香の調和。 海の女神ティエン・ハウを祀っている。
かくして半日のサイゴン観光は終わりました。ほんの入り口を覗いただけですが、全員暑さに多少グロッキーでした。
*無料 アクセス解析
*太陽光発電